アフィリエイト
水素水 水素水の問題点
水素水が人気です。水素水に関する情報サイトです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

水素水の問題点
水素水は、水素を含みますが、水素は、原子番号1の元素です。その水素がとても大気中に放散しやすいことで、一定の水素濃度の水素水を摂ることがとても難しいのが問題点です。



水素水の水素はとても軽い気体です。そして、水素は分子が非常に小さいために、例えば、ペットボトルなどの容器では分子の隙間が大きくその隙間を通って水素が大気中に放散してしまうとされています。



中間限定責任法人水素研究会の発表では、一般論として、ペットボトルに封入された水素水について、溶存水素量を測定してみたところでは、5日で半減し30日でほとんどなくなっているという測定結果を得ているとしています。



つまり、水素水として販売されているペットボトル入りの商品の場合は、どんなに工場生産時に水素溶存量が多くても生産と同時に水素量の減少が始まっているので消費者が手にした時点ですでに単なる水になっているということも考えられるわけです。



ちなみに、水素水を入れる最も理想的な容器としての材料はアルミだとされています。もし、水素水を購入するんであれば、アルミ材で封入された製品を選ぶべきであるといえるようです。



いまのところ、水素水の品質に対しての規制などは存在しないようで、さまざまな水素水が販売されているようです。購入に当たっては充分な吟味が必要なようです。

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。