アフィリエイト
水素水 水素水とストレス
水素水が人気です。水素水に関する情報サイトです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

水素水とストレス
水素水活性酸素に対して抗酸化作用があるんですが、活性酸素は美容に大敵なしわやしみの原因となり、がんや糖尿病そして、糖尿病の合併症、例えば白内障などもその発症に大きく関わっていることが知られています。その活性酸素を作り出すもののひとつとして、ストレスがあるといわれています。そこでストレスに弱いといわれる脳の海馬に注目した興味深い実験が行われています。



記憶をつかさどる脳の領域である海馬は、ストレスに弱いとされていて、ストレスを加えると活動がにぶり、記憶力が低下するとされています。その活動を妨げる原因物質が活性酸素だとされているため、抗酸化力のある水素水を投与することで海馬の活性酸素に影響を与えることが出来るかを確認する実験です。



読売新聞によると、実験を行ったのは、水素ガスを使用することで水素の効能を実証した日本医科大の太田成男教授らの研究チームです。今回もマウスを使用した動物実験です。水素は今回は水に大量に溶け込ませた水素水としての利用です。



実験方法は、マウスを狭い空間に閉じ込め、餌を与えないなどのストレスを加えたうえで、記憶力が、水素水と通常の水を飲ませた場合でどのくらい違うのかを、10匹ずつ、三つの方法で6週間かけて比較するというものです。



その結果、水素水を飲まないマウスの海馬には活性酸素によって作られた物質の蓄積を確認したとして、水素水ストレスによる活性酸素によって低下した神経細胞の増殖能力を回復させ、記憶力が低下するのを抑制したと考えられるとしています。



したがって、水素水はストレスによってつくられた活性酸素に対して抗酸化作用を発揮することで海馬をストレスによる活性酸素から守ることで記憶力の低下を抑制することが出来たということがいえるようです。



このことから、水素水はストレスがもたらす活性酸素に対して少なくとも海馬においては有効に作用することが証明されたわけで、他のさまざまな部位でのストレスによる活性酸素の影響に対してどのように作用するのかその解明に期待のかかるところです。

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。